海外投資データバンク 海外投資検定 
海外投資の基本 高度な投資戦略 為替リスク 債券投資 国と企業の情報 株価指数&ETF データ&用語集 確定拠出年金
HOME > 為替リスク > 韓国ウォン為替レート時系列データ

韓国ウォン=円の時系列データ

1990年以降の韓国ウォンと日本円の為替レートの時系列データ(年次4本値)です。またページ最下部に付録として、月次データのエクセルファイルも置いています。過去20年の中で、韓国ウォンには2度、危機的状況がありました。

1997年のアジア通貨危機の際は、韓国は経常赤字の拡大など国のファンダメンタルの弱さが浮き彫りになりました。海外からの投資資金引き上げと、投機筋によるウォン売りが重なり、韓国ウォンは急激に値を下げます。97年10月には1ウォン=0.13円程度だった為替レートは、年末には1ウォン=0.06円台とわずか2ヶ月で約50%という大暴落を起こしました。外貨準備が底をつき、デフォルト寸前にまで追い込まれた韓国経済は、IMFによる支援を受けることで何とか国家破綻を免れました。

ウォン=円レート4本値時系列データ(1ウォン辺りの日本円)
  年初 高値 安値 年末
2009年 0.069 0.079 0.061 0.08
2008年 0.12 0.12 0.062 0.069
2007年 0.128 0.134 0.116 0.12
2006年 0.117 0.128 0.116 0.128
2005年 0.099 0.117 0.098 0.117
2004年 0.09 0.099 0.089 0.099
2003年 0.1 0.102 0.089 0.09
2002年 0.1 0.104 0.097 0.1
2001年 0.09 0.1 0.089 0.1
2000年 0.09 0.099 0.09 0.09
1999年 0.094 0.105 0.086 0.09
1998年 0.077 0.117 0.072 0.094
1997年 0.137 0.145 0.066 0.077
1996年 0.137 0.141 0.133 0.137
1995年 0.126 0.138 0.106 0.137
1994年 0.138 0.139 0.12 0.126
1993年 0.159 0.159 0.124 0.138
1992年 0.164 0.174 0.151 0.159
1991年 0.188 0.195 0.164 0.164
1990年 0.213 0.227 0.173 0.188

しかし2008年の金融危機(AIGショック)には、ウォンは再び大暴落、年初の高値より50%近い値下がりとなりました。確かにこの時は円キャリートレードの解消が最大の原因であり、ウォンだけでなく全ての通貨に対して強烈な円高が起きた時期でもあります。しかし韓国の外貨準備は、対外債務の割合を考えるとかなり不足しており、近い内に再びウォンが危機的状況に陥ると指摘する声もあります。

上記の時系列データからも分かるように、ウォン=円の為替レートは平時には極めて小さい変動幅ですが、ひとたび有事になるとほぼ半値まで暴落する性質が見られます。これは、アメリカドルややユーロなどに比べてウォンの市場規模が極めて小さいことだけでなく、韓国経済の脆弱さも大きな原因だと考えられます。

中国=人民元やブラジル=レアルなど、新興国の通貨は日本円に対して切り上がっていく可能性が高いですが、こと韓国=ウォンに関しては、将来どうなるのか予測は難しいです。韓国は日本と同じで、原油や鉄など資源のほぼ全てを輸入に頼っており、経済基盤が不安定です。また他の新興国と違って(出生率の低さから)人口の伸びがほとんど期待できないことや、過度の学歴社会、男性皆徴兵制度など、社会構造的に多くのマイナス要因を抱えていることも足かせです。

サムスン電子や現代自動車など、海外市場で日本企業を凌駕するほどの勢力を持つ企業もありますが、一方で上記のような理由から、金融や不動産など内需産業の成長は期待薄です。韓国へ投資するなら、インデックスのような韓国市場全体に投資する商品よりも、中国やインドなどで強みを持つサムスンなどの輸出企業に一本釣りで投資する方が、成長期待という点からも、またウォンの為替リスクが軽減できる意味でも有効と思われます。

追加;2011年より、韓国ウォンが東京金融取引所の外為FX(くりっく365)で取り扱いが開始となりました。ウォン安を見越して、円買い取引するのも面白いかも知れません。韓国ウォンのFXはGMOクリック証券で口座開設すれば可能です。

※付録ウォン=円の時系列データ(月次・エクセルファイル)。



海外投資のトラブルと対策 低PER投資の有効性 リバランスは必要ない! ドル円の一日の変動幅 ブラックマンデーの原因  
国民年金基金のデメリット 上海総合指数 アメリカの長期金利 新興国債券は必要か? 

免責事項とプライバシーポリシー | 参照元と著作権について | お問い合わせ | 俺流ヘッジファンド運用報告書 
 Copyright (c) 2013. 海外投資データバンク. All Rights Reserved.